topimage

2016-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢吉の気持ち ⑥ - 2016.11.13 Sun

土曜日の朝、夢吉を迎えに行ってきました。
私、朝7時まで仕事だったんですけどね・・・
家に帰って、シャワーも浴びずに行きました。
片道2時間近くかかるし、午後3時には私が病院へ行かなければならなくて・・・
お風呂なんて入っていられない。
運転は危ないのでぱるにお願い。

久々に会った夢吉は、見かけはいつも通りだった。
先生からこれまでの詳細を聞く。
ご飯は、こういうものをあげていましたという写真や、
入院直後の様子を撮った写真、動画を見せてもらった。
夢吉、普通にご飯食べているし・・・
それから、夢吉がとても繊細な子だと言われました。
入院中に子猫を預かったそうなんですが、
寒いだろうからと、夢吉のいる部屋に入れたそうです。
子猫なので、ずっとミーミー鳴いていたんですが、
子猫が来てから夢吉がご飯を食べなくなった。
その後、子猫が居なくなるとご飯を食べ始めたとのこと。
今まで犬は何度か会ったことがあるけれど、猫は全くの初めて。
初めて犬と会った時は何ともなかったんだけどな・・・
飼い主は繊細なんかじゃないのにな~
家に帰っても、食べてくれるか心配になった。
先生からは、ここからが大変ですよ。と言われてしまいました。
確かにね。
病院では食べるけど、家で食べないんじゃどうしようもないからね。
何とかして食べてくれるようにしなくてはいけないな・・・

帰ってきてからの夢吉は、ご飯をあげた時に食べきることもあれば、
その時は食べなくても、次にあげるときにはお皿が空になっているというような感じです。
チモシーは少ないけれど食べています。
動き的には元気です。

くんくん






今の様な状況が続くのかもしれない。
ひょんなことで以前のように戻るかもしれない。
もう6歳。
いろいろ変わってくる頃なのかもしれない。
私たちより短い命。
我が家に来てよかったと思ってもらえるように、できることはしてあげたい。

夢吉、長生きしてね。お願いだよ。


        おしまい
スポンサーサイト

夢吉のきもち ⑤ - 2016.11.11 Fri

帰宅後、ぱるの一言に涙が出た。

さみしいね・・・


いつもの場所に夢吉がいない。
急に部屋が広くなったような気がした。

物思いにふけるのはやめよう。
夢吉が帰ってくるまでにケージの掃除とかしておかないとね。


翌日、ぱるはいつも通り朝仕事に向かい、
私はこの日から夜勤だったので、寝たり起きたりを繰り返していた。
10時30分ごろ病院から電話があった。
先生の話だと、昨夜も今朝も野菜もペレットも平らげているとのことだった。
まだ経過観察の状況なんですが、今のところは強制給仕の必要はないと言われました。
夢吉を見る限り、彼なりになにか不安や不満があっての行動ではないかと、
そこで、先生から込み入った話で申し訳ないのですが、と前置きがあり、
夫婦喧嘩をしたとか、そういうことありましたか?と聞かれました。
私たちはあまり喧嘩をしないので、した記憶がないよな~・・・と思ったんですが、
違うことを思い出して、その内容を先生に話してみました。
それは、夢吉が最初に病院へ行ったあとからの私たちの行動。
食べてくれない、どうしよう。
その思いで、いつも以上に過保護にしてきました。
野菜をつまんで口まで運んで、ペレットもチモシーも手でつまんで口まで運んで・・・
毎日、耳触ってお腹触って、食べてよ食べてよって。
以前、構いすぎるとダメというのを本で見たのでダメなんですかね?と聞くと、
きっぱりダメですね。と言われてしまいました(^^;
普段はどのように接しているかも聞かれましたが、我が家は基本放置です。
一人遊びで満足しているタイプです。
ツンツンしてきたくせに触ろうとすると逃げます(笑)
ツン9割、デレ1割で出来ています。
それを聞いた先生が、あ~なるほどね・・・と漏らしました。
何でも、ケージの前に行くとめちゃくちゃアピールをしてくるらしく、
かまって攻撃が凄いので撫でてあげると、もういい!という感じで、
ケージの隅に行って足ダンされるそうです・・・(´-ω-`;)ゞ
おいおい・・・って感じですよね~と言っていました。
先生、すみません。うちのぼっちゃん、わがままで・・・
なので、いつもそういう対応しかしてこなかった私たちが、
急に世話を焼きだしたので、夢吉が窮屈に感じてしまった可能性があるとのことでした。
強制給仕をせずに様子をみますね~とのことでした。

次の日も、先生から電話がありました、
夢吉は普通にご飯を食べているとのことでした。
チモシーはまだあまり食べないんですが、お家に帰っても問題ないと思いますよと言われました。
そうなると、問題はいつ迎えに行くか。
ぱると話し合いをした結果、週末まで預かってもらうことにしました。

土曜日の朝、夢吉を迎えに行きます。
 


                     つづく

夢吉のきもち ④ - 2016.11.09 Wed

その日の夜、ぱるとレイアウトを戻しました。
へやんぽ中は相変わらず飛び跳ねて、走り回って元気いっぱい。
チモシーは色々な種類をケージの中に置いているので、
その中から好きなものを少しずつ食べるようになってきました。

10月末、急に気温が下がり始めたこともありケージの周りに囲いをしました。
ケージの場所が窓に近く、すきま風が入って寒いだろうと思ったからです。
以前もやっていたことなので、深くは気にしていませんでした。

気が付くと、少しずつ食べ始めていたチモシーを全く食べなくなりました。
囲いをしたのが30日。
口にしなくなったのが11月2日。
やっぱり囲いが嫌だったのかな?
先生にあれだけしっかり言われていたのに・・・
罪悪感でいっぱいになった。
もう一度、病院に行くしかない・・・
それまで様子をみよう、と思っていた5日の夜。
生野菜もペレットも食べなくなりました。
へやんぽしても同じ場所にうずくまったままで・・・
耳は若干冷たいものの、そこまでではなかった。
放っておいたら食べるかもしれないと思い、その日は就寝。

朝、ケージの中を見てみると野菜は平らげていた。
が、ペレットはそのまま残っていた。
つまんで口に持っていくと食べるけど、3粒ほどしか食べてくれない。
おまけに、昨夜掃除したトイレには●が1個もなかった。
病院行き確定。



日曜日だったこともあり、道路は空いていた。
が、病院はめちゃ混みだった。
順番が来て、これまでの状況を説明する。

あれだけ言われていたのに、やってしまいました。先生ごめんなさい。

最後にそう言うと、寒くなったから囲いをしたのは間違っていないと言われました。
寒さで病気になると考えた結果の囲いなので、悪いことではありませんよ。と。
そして、ケージを置いてあるリビングの間取り図を描くように言われて、細かく記載。
先生は図を見る限り問題はないね~と。
場所場所で細かいアドバイスを幾つかもらい、
もう一度、血液検査をする。
やっぱり異常なし。
夢吉を連れて帰るか、病院に預けるか選択をしなければならない。
前回はチモシーを食べないけど、ご飯は食べられているということで連れて帰った。
今回は、前回より明らかに状況が悪い。
強制給仕もしなくてはいけない状況になるかもしれない。
そんな状態でも、夢吉の体重が減っているわけではなかった。
だから悩んだ。
先生には、環境がいきなり変わって食べ始めるケースもあると言われた。
ぐるぐるぐるぐる・・・どうしよう・・・

連れ帰って何かあっても、すぐに来られる距離じゃない。
私たちは病院に預けることにした。


そんな話を聞いていたのかいないのか。
お願いします。と言った瞬間に、キャリーに入れてあったチンゲン菜を食べ始めた夢吉。
置いて行かれる!と思って慌てて食べ始めたのか、
これでストレスが解消されるぜぃ!ひゃっほー!的なことなのか・・・(笑)
後者だったら、ちょっとショック・・・



             つづく

夢吉のきもち ③ - 2016.11.08 Tue

朝起きてみると、ペレットは無くなっていた!
野菜はまぁ、少し残していたかな~
先生に食べないかもしれないと言われていたから、
これだけ食べれば上出来かな。
チモシーはやっぱり食べない。
ペットショップなどを回って何種類か買ったんだけどね・・・
でも、専門店もない田舎で買える種類なんて限られてる。
ホームセンターも行ってみたけど、どの店も同じものばかりが売られていた。
近場で買えるものは全種類買った。
一番狩りから三番狩りまで、国産、アメリカ産など産地もいろいろ。
近場で買えない種類のものはネットで購入。
すぐには届かないから、しばらくは今ある中からどれでもいいから食べてくれれば・・・

でも、そんなに甘くはなかった。
やっぱダメか~・・・


24日に仕事へ行き、もしも先生に言われた2~3日が経ってしまっても
状況が変わらなかったら?ということも考えて、26日に有給を取った。
病院へ行ったのが22日。
病院の休みが木曜日なので、ダメなら26日の水曜日に行くしかない。
その後もチモシーだけを食べないという行動をとり続けた夢吉。
2~3日では食べないのでは?
もう少し様子を見た方がいいのでは?
そんな葛藤をしていたけど、先生に言われた期限はあっという間で。
25日の夜、26日の朝、チモシーを食べなかったら病院へ行こうと決めた。

チモシーはやっぱり食べなかった。
7時30分ごろ病院へ出発。
今回は1人なので、疲れたとかそんなこと言ってられない。
しかも平日に都内を走ることがないので、交通状況がさっぱりわからない。
ビクビクしながらも頑張って運転し、無事に病院へ到着。



先生に状況を説明したところ、今回は血液検査をすることになった。
触診だけではわからないことが体内で起きているかもしれないというのが理由。
血液検査の結果は・・・
異常なし。
少し脱水症状が出ているけど、これはチモシーを食べていないので、
そのせいで水を飲んでいないということらしい。
緊急を要するほどの数値ではなかったしね。
身体の中は数値的にはOK、次に考えられるのが歯。
あれ?前回削ったよね?って思うよね。
実は、歯がグラグラしていても嫌がって食べなくなるんだって。
これは、1本1本しっかり検査したいところだけど、
その検査をするには全身麻酔が必要。
確実に歯がグラついている訳ではないので、全身麻酔はリスクが高すぎる。
先生曰く、レントゲンを撮ることで歯がグラついているかいないか、
ある程度の判断はできるとのこと。
なのでレントゲンも撮ってもらった。
結果、異常なし。
血液検査もレントゲン検査も異常がない。
やはり心療的な何かではないかと言われた。
食べなくなった日から遡って2週間あたりに何かあったか聞かれた。
近所で何かしらの工事が始まったとか、引っ越しをしたとか、
ケージの場所を変えたとか、部屋のレイアウトを変えたとか、動物をお迎えしたとか、
二人の生活リズムが変わったりしていないかなど、
何でもいいから思いつくことがあれば言ってみてと言われた。
思い当たるのは部屋のレイアウトを変えたこと。
ケージとかテレビとかの場所は変えていないけど、ソファとテーブルの向きを変えた。
先生には、それが原因で食べなくなった可能性が高いと言われた。
ケージから見て今まで2人の顔が見えていたのに、
ソファの向きを変えたせいで1人がケージに背中を向ける形になってしまった。
うさぎから見たら、ソファやテーブルはとても大きなもので、
それらの場所が変わってしまったことで、ストレスが溜まったのではないかということだった。

人からすれば、そんなことで?と思うかもしれないけど、
この子たちからすれば、部屋という狭い世界の中で、
自分より大きなものの場所が変われば不安になります。
いつも見えていた景色が変われば不安になります。
この子たちはこんな小さな頭だけどとても賢くて、
いっぱいいっぱい考えているんです。
この子たちの目線になって色々考えてあげなきゃいけないんです。
人間の都合でこっちの方が便利だからと思って変えたりしても、
この子たちが喜んでくれるとは限りません。

そう言われました。
先生からは家に帰ったら、すぐにレイアウトを戻すように言われました。
1人じゃ無理だから、ぱるが帰ってきてからにしよう・・・

家に帰ってきてから、二番狩りのチモシーを少しだけ食べてくれた!
夢吉が小さいころに大好きだったチモシーだ。
これなら食べ続けてくれるのかな?




                     つづく

夢吉のきもち ② - 2016.11.07 Mon

事前に問診票をプリントして記入したりしたため、
家を出たのが少し遅くなってしまった。
病院に着いたのが17時20分ごろ。
道はやっぱり混んでいた(T-T)
そして病院も混んでいた・・・
診察が始まったのが19時近く。
診察の結果、B病院で言われたことと同じことを言われた。
プラスお腹などが原因ではない場合、夢吉の心療が関係しているかもと言われた。
夢吉のきもち・・・
ただ、一つ一つ原因になりそうなことを取り除いていかないと解決はしない。
ということで、まず歯を削ってもらうことになった。
奥歯はチモシーなどをすり潰すという使い方をするので、
尖った部分があることで、すり潰す動きをすると微妙に内頬にあたるのかも と。
全身麻酔だと思っていたら、削るだけなら麻酔なしで今すぐ出来るから と先生。
え?まじですか?じゃ、お願いします。と即答。

てな感じで、診察が終わったのが20時。
もし、これでも2~3日食べないようなら、また来てください。と言われました。
ちなみに、食べない基準はいつもの半分以下。
我が家では、1回の食事で生野菜を両手山盛りほど、ペレット8g、チモシー食べ放題なので、
今チモシーを食べていない時点で半分以下です。
今日はもしかしたら食べない可能性が高いと。
昨日、今日病院だったからね~と言われました。
生野菜も、以前は食べていた小松菜や春菊を食べなくなりました。
小松菜などはチンゲン菜などに比べると、固いというのが理由らしい。
先生には食べても食べなくても、今まであげていた野菜をいつも通りにあげるように言われました。
残してもいいと。
逆に好きな物だけをあげてしまうと、夢吉が今まで食べていた野菜を食べなくなってしまうそうです。
何も食べないならまだしも、夢吉はチモシー以外は食べているので、
特別にしてはダメと言われました。
また、B病院で薬をもらっているため、それをあげた方がいいのか聞いてみたら、
プリンペランならあげても問題はないけど、
プリンペラン以外の物が入っている場合はあげないほうがいいと言われた。
しかも、今あげてみても改善されていないってことは、
あげてもあげなくても同じだと思うとも言われました。

これから家まで約2時間・・・
夢吉にはとても長くて辛い1日だったに違いない。
しかも、2日連ちゃんで嫌いな病院。
待合室で犬が吠えたら、めっちゃ足ダン連発してたし・・・
ごめんね。

家に帰って大好きな人参を入れた野菜盛りを作りました。
へやんぽしようと思ってもケージから出てきてくれない。
大変ご立腹らしい(笑)
そうだよね、嫌だったよね。
野菜もペレットにも見向きもせず、明後日の方向を向いたまま(^^;

明日の朝には野菜もペレットも無くなっていることを願って眠りにつきました。



                           つづく

夢吉のきもち ① - 2016.11.06 Sun

今日、夢吉が入院しました。
これだと言える決定的な原因がない状態での入院。
入院に至るまでの出来事を書き留めておくことで、
同じような状況になってしまった方への参考になればと思います。
(あくまで我が家のケースなので本当に参考程度にしてくださいね)



わかりたいと思うのに、なかなかわからない「うさぎのきもち」
それは突然やってきた。

10月18日ごろだったと思う。
ご飯は食べるのに、チモシーを食べない。
その頃、毎日毎日気温の変化が激しくて、
冷房付けたり消したり、暖房付けたり消したり大変だった。
お腹が痛いのかな?と思い触ってみたけど柔らかい。
耳もあたたかい。
へやんぽすれば、ピョンピョン跳びまくっている。
以前もチモシーだけを食べなくなったことがあり、
種類の違うチモシーをあげたら食べたので今回もそうなのかな?と思った。
翌日、新たにチモシーを買ってあげてみた。
食べない。
何でかな・・・?
野菜は食べる。ペレットも食べる。
チモシーだけ食べない。
おかげで●がすんごく小さいし、量も激減。
でも元気いっぱい。
訳が分からなくなってきた。

チモシーを食べなくなって4日目の10月21日。
さすがにヤバいと思いB病院へ。
いつものA病院ではなく、初めてのB病院へ行った。
理由は、いつものA病院が休みだった場合などに備えて。
以前からB病院も検討していたしね。
いろいろ診てもらってお腹は大丈夫、歯が原因かもしれないと言われた。
左側に尖った状態になっている部分があって、頬にあたりそうになっていると。
歯を治療するとなると、全身麻酔になると言われて躊躇した。
まだあたってないのもあって、薬でしばらく様子を見ることになり帰宅。
へやんぽは相変わらず元気。
でもやっぱりチモシーだけは食べない。
●もさらに小さくなった。
薬もあげたけど、翌日お昼になっても何も改善されなかった。

もうどうしたらいいのかわからなくなってきた。
半泣きしながらネットで調べたりしたけど、
同じような症状での記述はなかった。
途方に暮れたころ、いつも夢吉を預けているうさばか保育園が頭をよぎった。
えんちょ先生に聞いてみたら何かわかるかも!
すぐに詳しい状況を書いてメールを送った。
20分ほどして返信があり、吉祥寺の病院を薦められた。
この時、12時20分。
病院のHPで診察時間を調べて、病院までの移動時間を調べた。
家からは最速でも1時間40分かかってしまう。
遠い。遠すぎる・・・
しかもこの日は土曜日。
首都高の混み具合が嫌でも想像できてしまう。
薦められた病院は、うさぎの患者さんが全体の4割と多いということでも有名みたい。
迷っている時間はなかった。
でも遠い。
その繰り返し。
しかし、えんちょ先生が薦めるくらいだから行ってみる価値はある!
そう思い、ぱると一緒に病院へ向かいました。



                                    つづく

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

まめぽち

Author:まめぽち
いい歳してゲームとマンガが好きな
ヲタク女子。
関東に生息中。

夢吉
2010年6月5日生まれ
ロップイヤー(♂)
箱うさぎさん出身。
若干、面長の顔がチャームポイント

ぱる
まめぽちの相方
テレビがないと生きていけない
典型的なテレビっ子。

いくつになったの

script*KT*

お月様在住


小太郎
小太郎
2009年1月17日生まれの
ホーロンドロップイヤー(♂)
たれみみうさぎを買ったはず・・・
なのに、家へ来てからずっと立ち耳。
血統書は間違いなく「ホーランドロップ」
2010年6月24日 お月様へ・・・

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

うさカレンダー

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2ブックマーク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。